×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローン借り換えなび

住宅ローンの借り換えについての情報サイトです

住宅ローン控除の内容

さてここで、住宅ローン控除の内容について見ていきましょう。

例えば平成16年入居分については、年末のローン残高の限度額は5000万円で控除率は1%、すなわち最大50万円の控除が10年間適用され、最大500万円の減税が受けられますが、平成20年入居分の10年間で最大160万円まで年々減らされていきます。

現在の住宅ローン控除制度は平成16年から平成20年の居住開始分について居住開始後10年間適用されます。

平成16年居住開始分については10年間で最大500万円の減税を受けられますが、この減税額は年々減少し平成20年居住開始分については10年間で最大160万円の減税となります。

ここで住宅ローン控除の中身を確認しておきましょう。

現行の制度では平成16年から平成20年の間に住宅を購入、新築あるいはリフォームして入居した場合、以後10年間の累計で最大500万円(平成16年入居)から最大160万円(平成20年入居)の所得税減税となり、入居が遅れるほど減税の恩恵が少なくなります。

ところで住宅ローン控除によりいったいいくら減税されるのでしょうか。

現行制度では10年間で最大500万円(平成16年入居)、最大360万円(平成17年入居)、最大255万円(平成18年入居)、最大200万円(平成19年入居)、最大160万円(平成20年入居)の減税を受けることができます。

ところで住宅ローン控除の適用期間は平成16年から平成20年までの間に住宅を使用し始めてから10年間です。

所得税の減税額は毎年の住宅ローン残高に一定の控除率(1%あるいは0.5%)を乗じた金額となりますが、減税の限度額が定められており10年間の累計で最大500万円(平成16年入居)から最大160万円(平成20年入居)となります。

HOME | 住宅ローンの減税について | 住宅ローン控除の詳細 | 住宅ローン控除の内容 | 住宅ローン控除の利用条件 | 住宅ローンとカードの秘密

[PR]