×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローン借り換えなび

住宅ローンの借り換えについての情報サイトです

住宅ローン控除の利用条件

気になる住宅ローン控除の利用条件ですが、ローンの返済期間が10年以上であることが必要です。

対象となる住宅の用途は主に居住用で本人が住んでいる必要があり、床面積は50平方メートル以上である必要があります。

また、年間の所得金額が3000万年を超える人は住宅ローン控除を受けることができません。

実際に住宅ローン控除が適用されるケースをご紹介しましょう。

年間所得金額が3000万円以下の人が床面積50平方メートル以上の主に居住用の住宅を取得あるいは増改築し、そのための借入金(住宅ローン、リフォームローン)の返済期間が10年以上あれば、住宅ローン控除が適用されます。

まず、住宅ローン控除の対象となる住宅は、床面積が50平方メートル以上でありその半分以上が居住用でないといけません。

また、住宅ローンの返済期間は10年以上である必要があります。

ただし、年間所得が3000万円を超える人は住宅ローン控除を受けることはできません。

まず、住宅ローン控除を受けようとする人は年間所得金額が3000万円以下で、床面積50平方メートル以上のマイホームの取得・リフォームから半年以内に入居しなければなりません。

また、銀行や住宅金融公庫で返済期間10年以上のローンを組んでいることが利用条件となります。

この住宅ローン控除の利用条件としては、年間所得金額が3000万円を超えないこと、住宅の床面積が50平方メートルであること、半年以内に入居し主に居住用に使用すること、民間金融機関や住宅金融公庫からのローンの返済期間が10年以上であること、などが挙げられます。

HOME | 住宅ローンの減税について | 住宅ローン控除の詳細 | 住宅ローン控除の内容 | 住宅ローン控除の利用条件 | 住宅ローンとカードの秘密

[PR]